2社間ファクタリングと3社間ファクタリング

2社間ファクタリング業社つまり、債権買取業社が最近物凄い勢いで増えてきています。即日資金調達可能、他ローン会社で断られた人でもOK即日買取等といった謳い文句が書かれたホームページやFAX営業等を目にしたことのある経営者も増えてきているのではないでしょうか。

3社間ファクタリング仕組み

3社間ファクタリングでは、資金調達したい方、ファクタリング会社、売掛先(取引先)の3社が相互に関係します。

ファクタリング会社は、売掛債権を買い取りますが、当然、期日に売掛債権を回収する必要があります。

3社間ファクタリングというのは、その期日においての売掛金回収を、ファクタリング会社が、売掛先から直接行うことになるというのがポイントになります。

そのため、3社間ファクタリングの取り組み時において、資金調達の希望者から、売掛先に対し、売掛金を売却したことを通知するか、もしくは売掛先から承諾してもらう必要があります。

これによって、売掛金の期日には、売掛先は「直接」ファクタリング会社に対して支払うことになります。

2社間ファクタリング仕組み

2社間ファクタリングでは、資金調達したい企業や、個人事業主から、売掛先に対して、売掛債権を譲渡したことを通知しません。つまり、黙って、秘密の状態でファクタリングを行います。売掛先は、売掛債権を売却されていることに気付きません。

2社間ファクタリングでは、売掛債権の期日には、一旦、資金調達希望者が、従前どおりに、売掛先からの代金回収を行います。そして、回収した売掛金を、そのままファクタリング会社に支払います。

そのため、売掛先は、ファクタリングしたことによる影響を受けず、従前どおりの取引が継続されます。

整理すると、2社間ファクタリングでは、売掛先に通知しない、代金の回収を、資金調達者が行うという点が、3社間ファクタリングとの違いであり、重要なポイントになります。

2社間ファクタリング効果

資金調達を希望する方のなかには、売掛債権を売却することについて、取引先に通知したく無いという方が多くいます。それは、「売掛債権の売却」を通知すると、取引先から「資金繰りが悪化している」、「困っている」、もっとひどい時には、「倒産するのでは?」といった疑いを持たれないか心配になってしまうためです。

コミュニケーションの良くとれている売掛先であれば問題ないでしょうが、元請けなど、直接的なコミュニケーションの少ない先が相手だと、誤解されてしまう可能性があります。

そういった懸念を払しょくするために、2社間ファクタリングが活用されています。

譲渡禁止特約に注意

売掛先が大手企業などの場合、契約内容に「債権譲渡を禁止する特約」が設けられていることが少なくありません。

こういった特約があると、3社間ファクタリングは利用できません。

売掛先に、売掛債権を売却する通知や、承諾を求めると、そもそも契約違反となってしまい、取引を打ち切られてしまう可能性も出てしまいます。

そのため、3社間ファクタリングを利用する際には、売掛先との契約内容を確認する必要があります。

銀行系は3社間ファクタリング

大手銀行の一部には、子会社を通じて、ファクタリングを取り扱っているところがあります。そういった、銀行系ファクタリング会社では、通常、3社間ファクタリングのみを行っています。

そのため、取引先に知らせずに、ファクタリングを行いたいという方には、銀行系ファクタリング会社を利用するのは難しくなってしまいます。

2社間ファクタリングは高い?

2社間ファクタリングと3社間ファクタリングの違いとして無視できないことに、ファクタリング手数料の違いがあります。簡単に言えば、2社間ファクタリングは、3社間ファクタリングよりも手数料が高くなります。

3社間ファクタリングの手数料相場は、優良なファクタリング業者を利用すれば、2.0~10.0%程度で利用できる可能性が高いでしょう。

それに対して、2社間ファクタリングは、3社間ファクタリングに比べて、10%程度手数料が高くなることもあると言われています(もちろん、もっと低く利用できるファクタリング会社もあります)。

では、なぜ、2社間ファクタリングの手数料は、そんなにも高くなってしまうのでしょうか。

それは、2社間ファクタリングは、ファクタリング会社にとってリスクの高い取引だからです。

2社間ファクタリングのリスク

2社間ファクタリングでは、売掛先から回収した資金が、一旦資金調達希望者に入ります。

逆に、3社間ファクタリングでは、売掛先から直接ファクタリング会社に支払われます。

ここが大きな違いであり、ファクタリング手数料が高くなる要因です。

2社間ファクタリングでは、ファクタリング会社にとっては、売掛先が支払うリスク(倒産リスク)に加えて、資金調達希望者が支払うリスクも負ってしまうことになります。

ファクタリング会社からすれば、資金調達希望者が「持ち逃げ」してしまうリスクがあるわけです。持ち逃げだけでなく、お金に困って、使いこんでしまう可能性もあります。

2社間ファクタリングでは、売掛債権の買い取り後は、ファクタリング会社が負うリスクは、売掛先が支払うかどうかだけで済みます。資金調達希望者の資金繰りが悪くても、関係無くなります。

この違いが、ファクタリング手数料に大きく影響するのです。

もちろん使いこみは犯罪

念のためですが、2社間ファクタリングを利用した方が、回収した売掛金を、ファクタリング会社に支払わずに、自分で使い込んでしまった場合には犯罪になります。

業務上横領になる可能性があります。

もし、2社間ファクタリングを利用して、売却代金と、売掛債権の回収の2重取りを考えているのなら、絶対にしてはいけません。

2社間ファクタリングは速い

ファクタリングのメリットの1つに、短時間で資金調達ができるというものがあります。

スピード査定が可能なファクタリング業者であれば、即日~2営業日程度で、ファクタリングを実行することが可能です。但し、このスピードは2社間ファクタリングのメリットとなります。

3社間ファクタリングの場合、売掛先に対して、通知、もしくは承諾を得る必要があります。重要な取引先であれば、急に通知だけするというのは難しいでしょうから、各社に説明して、承諾を得る必要がでてきます。

そのため、その対応分、2社間ファクタリングに比べて、時間がかかってしまいます。

メリット・デメリット

最後に2社間ファクタリングと、3社間ファクタリングのメリット・デメリットについて整理しておきましょう。

メリット・デメリット整理

2社間ファクタリング 3社間ファクタリング
売掛先への通知 不要 必要
譲渡禁止特約の売掛金 利用可能 利用不可
ファクタリング手数料 高い 低い
スピード 速い 時間がかかる
赤字・債務超過 利用できないことも 利用できる
まとめ

2社間ファクタリングは、売掛先である取引先(クライアント)に知られないという大きなメリットがある一方、ファクタリング手数料が高くなってしまうデメリットがあるファクタリング方法です。

ファクタリングの手数料は前述したような事情があるため、取引回数が増えてきて信用が増えた場合やファクタリング利用会社の信頼性が高い場合には手数料も安く設定できるようです。ただし、初回の方や信用度が低い利用会社の場合は、20%前後のファクタリング手数料が一般的な相場となっています。

ジャパンマネジメント

九州の中小企業の味方

福岡県を本社に置くファクタリング会社です。全国どこでも出張買取対応可能で、低手数料と企業へのコンサルティングに定評があります。
ファクタリングなら福岡県のジャパンマネジメントがおすすめです。

ビートレーディング

売掛金買取のスペシャリスト

東京都を本社に福岡支店、大阪支店と拠点を持つファクタリング会社で、全国どこでも出張買取可能です。

ジャパンファクター

福岡を拠点に全国対応

九州では最も早く誕生したファクタリング会社で2社間ファクタリングをメインとした実績が多数あります。介護や医療系のファクタリングも利用可能

トップ・マネジメント

安心・確実・即日のファクタリング

利用者にとってより良いファクタリングのやり方、的確な解決策の提案力、マネジメント能力が強みであり、その高い質のサービスには定評があります。
九州|福岡にも利用者が多いファクタリング会社です。

トラストゲートウェイ

九州エリア特化のサポーター企業

費用面、対応力に優れる新興のファクタリング会社です。福岡県・九州エリアの資金繰りに悩む企業を対象に地元密着型のファクタリングサービスを展開してます。