ファクタリングと取引信用保険の違い

ファクタリングは売掛債権をファクタリング会社に買い取ってもらうことで資金の確保をすることができるようになるやり方です。一方、これと同じような仕組みのものが存在します。それが取引信用保険です。

ファクタリングと取引信用保険の違い

取引先に保険を掛けてしまい、債務不履行が発生した場合に保険金が支払われるというものです。
一般的な保険会社でもあまり扱われておらず、知名度自体はそこまで高いものではありません。

また、ファクタリングが一般的になっており、取引信用保険とどう違うのかがいまいちわかっていないのも最近の傾向です。
ファクタリングと取引信用保険にどのような違いがあるのか、知っておく必要があります。

この2つでの決定的な違いは取引先の範囲です。
ファクタリングの場合には自由に取引先を選ぶことができますが、取引信用保険の場合には自由に選ぶ、任意に選択するということができません。

原則的にすべての取引先が対象となり、例外的に限定することができる程度です。
この条件としては、債権残高の上位の会社であること、債権残高が一定の額以上であることなどで、信用が低いなどのことがあると限定できないことになります

この会社は売掛債権を踏み倒すかもしれない、倒産するかもしれないと感じるのは自分だけではなく、ファクタリング会社、保険会社も同様です。

取引先を指定するということは、リスクを少しでも排除することを意味しており、指定できるというのは売掛債権を保有する側としては大変喜ばしいことです。
ただ、指定できる分、ファクタリングの方が保証料が高くつき、取引信用保険の方が安く、結果としてはファクタリングよりも多くのお金を手にすることができる場合があります。

ファクタリング会社の中には1社2社だけの取引、買取ではなく、10社以上の買い取りをお願いするところも存在します。
そのため、違うように見えて似通っている部分も出てきているのが実情です。

支払いの条件について

取引信用保険における保険料の支払いの条件は、倒産や債務整理など法的整理が発生した場合、夜逃げなどで債務不履行となった場合などです。
これらが発生すると保険金が支払われることになります。

一方、海外企業を対象とした場合、どちらもそれに対応してくれる場合がありますが、基本的には国内の会社がメインとなります。
そして、なにより大事なのは売掛債権に関するやり取りを取引先に知られるかどうかという点です。

ファクタリング会社の場合には2社間で行われる分には相手に伝わるということはありません。
しかし、取引先を交えた3社間となると当然ながら相手には知られてしまいます。

取引信用保険の場合、相手に伝わることはありません。
そして、取引先が個人事業主だった場合でも利用することが可能です。

まとめ

ファクタリングかそれとも取引信用保険か、悩む人も多くいますが、まずはメリットやデメリットを見比べることが大事であり、そこで合っていそうなやり方を選んでいくことが大事です。

ジャパンマネジメント

九州の中小企業の味方

福岡県を本社に置くファクタリング会社です。全国どこでも出張買取対応可能で、低手数料と企業へのコンサルティングに定評があります。
ファクタリングなら福岡県のジャパンマネジメントがおすすめです。

ビートレーディング

売掛金買取のスペシャリスト

東京都を本社に福岡支店、大阪支店と拠点を持つファクタリング会社で、全国どこでも出張買取可能です。

ジャパンファクター

福岡を拠点に全国対応

九州では最も早く誕生したファクタリング会社で2社間ファクタリングをメインとした実績が多数あります。介護や医療系のファクタリングも利用可能

トップ・マネジメント

安心・確実・即日のファクタリング

利用者にとってより良いファクタリングのやり方、的確な解決策の提案力、マネジメント能力が強みであり、その高い質のサービスには定評があります。
九州|福岡にも利用者が多いファクタリング会社です。

トラストゲートウェイ

九州エリア特化のサポーター企業

費用面、対応力に優れる新興のファクタリング会社です。福岡県・九州エリアの資金繰りに悩む企業を対象に地元密着型のファクタリングサービスを展開してます。