ファクタリングの歴史

日本では、ファクタリングは特に近年になって注目を集めています。しかし、その歴史は古いです。1900年頃には、欧米で本格的に実用されています。アメリカの高度経済成長を促進したシステムの1つが、このファクタリングだったというわけです。100年に及ぶ歴史があることから、ファクタリングの市場規模も、日本のおよそ10倍はあるといわれています。

ファクタリングの歴史

ファクタリングが誕生したのはイギリスといわれており、古くは15世紀には売掛金の保証サービスをするファクタリング業者が存在しました。
西欧諸国では歴史が古く、アメリカでも20世紀初頭に金融サービスの一つとして認知され始め現在では不動産担保融資のよりも一般的になっています。

日本でも1980年代ごろ利用が始まりましてが当時は手形取引が主流であり、ビジネス界にあまり普及することはありませんでした。
21世紀になるとバブル崩壊やインターネットの普及などにより、徐々に手形取引の形態が変化、減少し2005年には政権譲渡の対応要件に関する民法の特例等に関する法律が一部改正により債権譲渡登記制度の法整備も進み銀行機関もファクタリングなどの売掛譲渡を活用したサービスに積極的に参入します。
また、経済産業省や中小企業庁でも手形に代わる新たな資金調達方法として中小企業の資金繰り改善にもファクタリングの活用を推奨しており、企業には債権譲渡禁止特約を契約書に織り込まないように働きかけしています。

日本では手形取引が主流だった

日本でファクタリングが登場したのは、1970年代の初めです。しかし、その時代には手形取引が主流だったために、ファクタリングはそれほど注目を浴びていませんでした。特に金融機関の信用調査に関する技術やノウハウが、アメリカに比べるとまだ未成熟でした。こういった要素も、ファクタリングがすぐに台頭してこなかった理由だといえます。

手形取引からファクタリングへ

バブル経済の崩壊に伴って、手形取引も下火になっていきます。これが、ファクタリングが注目を集める1つの契機になりました。近年では下請け法が改正されて、手形から現金へという流れに一層拍車がかかっています。その流れにのって、支払いサイトも60日以内とするような業界の風潮が、大企業やゼネコンの影響で高まっています。

しかし、それでも支払いが90日後であったり、たとえ30日後であっても、企業によってはそれが大きな負担になってしまうこともあります。手形が発行されているわけでなければ、財務状況を立て直すために融資を考えるしかなくなるわけです。そこで今支持を集めているのが、ファクタリングという資金調達方法です。

 

政府もファクタリングを推す流れ

多くの中小企業にとって、資産中40%ほどを占めるのが、売掛金です。これを早期に回収することが、ひいては経済の活性化につながることはいうまでもありません。特に最近では、政府からも売掛金を資金調達の手段として活用することを推進するような動きが活発にみられています。

たとえば、経済産業省の「中小企業における資金調達の課題」です。このなかで、売掛金を資金調達することが正当な方法だということを周知徹底することの必要性が主張されています。また、政府の機関である信用保証協会においても、売掛金担保融資保証制度を設けています。この制度は、売掛金による資金調達の認知度のアップや浸透に貢献しています。

このように、政府も企業の資金調達の手段が銀行融資の一辺倒になることを避けようという姿勢を示しています。そして、代わりにファクタリングを推奨しているわけです。企業による売掛金の早期回収の必要性が高まっていることを受けて、中小企業金融三法案の改正も行われました。

2000年頃からのファクタリングサービス

2000年頃になると、インターネットが大幅に普及し始めました。この流れに比例するように、ファクタリング会社も数多く誕生しました。電子決済が簡単にできるようになったことも、ファクタリングサービスが盛り上がる一因となっています。

貸金業法の改正によって、昭和時代に隆盛を極めた小規模な貸金業者が相次いで経営難になりました。そこで、シフトチェンジをする業者も増えます。その新たなビジネスフィールドが、貸金業法の適用がないファクタリングサービスだというわけです。

2社間ファクタリングが特に利用されている

特に最近では、2社間ファクタリングが人気を集めています。2社間ファクタリングは、売掛先の同意なく、自社とファクタリング会社との取引のみで利用可能な点がウリです。自社の信用情報だけで売掛金を早期回収できるサービスです。ファクタリングがいまいち日本で伸びなかった背景に、ファクタリングを利用すると売掛先に知られてしまって、「あの会社って経営厳しいのかな……」とネガティブなイメージを植えつけてしまうというものがありました。

しかし、2社間ファクタリングでは、売掛先に知られることなく資金調達できます。2社間ファクタリングでは、法外な手数料が設定されたり、通帳や印鑑をファクタリング会社に預けるなど、問題も起こりました。しかし、今では悪質な会社は業界から淘汰されて、信用度の高い優良な会社が残っている傾向があります。

まとめ

ファクタリング会社は売掛金の買取、企業の信用調査、取引の保証といった経営改善や事業拡大に関わる信用不安を引き受けてくれます。
経済産業省中小企業庁でも中小企業の資金繰り改善のためにファクタリングの活用を推奨しており、利用に際して足枷となる風評被害の防止や、合理的で正当な資金調達方法であることをアナウンスしています。
また国土交通省では支払サイトの長い契約で仕事を請負う下請け企業や資材納入業者の資金繰りにファクタリングの活用を推奨しており、売掛債権を買取る際に信用保証協会に支払う保証料の一部を負担する制度を設けています。
このように国も一体となって中小企業の資金調達サポートをするようになり、ファクタリングの需要は今、一層高まっているのです。

 

ジャパンマネジメント

九州の中小企業の味方

福岡県を本社に置くファクタリング会社です。全国どこでも出張買取対応可能で、低手数料と企業へのコンサルティングに定評があります。
ファクタリングなら福岡県のジャパンマネジメントがおすすめです。

ビートレーディング

売掛金買取のスペシャリスト

東京都を本社に福岡支店、大阪支店と拠点を持つファクタリング会社で、全国どこでも出張買取可能です。

ジャパンファクター

福岡を拠点に全国対応

九州では最も早く誕生したファクタリング会社で2社間ファクタリングをメインとした実績が多数あります。介護や医療系のファクタリングも利用可能

トップ・マネジメント

安心・確実・即日のファクタリング

利用者にとってより良いファクタリングのやり方、的確な解決策の提案力、マネジメント能力が強みであり、その高い質のサービスには定評があります。
九州|福岡にも利用者が多いファクタリング会社です。

トラストゲートウェイ

九州エリア特化のサポーター企業

費用面、対応力に優れる新興のファクタリング会社です。福岡県・九州エリアの資金繰りに悩む企業を対象に地元密着型のファクタリングサービスを展開してます。