ファクタリング業者を装う闇金業者

ファクタリングは単に手数料が高いので未来の資金を先食いしてしまうだけではなく、債権を売却するので売掛先の企業に対しても影響を与えるので、自社だけで済む問題ではありません。

ファクタリング名義の闇金業者が摘発

ファクタリング業者選びをきちんと行わなければ危険な事について実際に事件化した事例を元に説明します。
2017年1月25日にファクタリング業者を装って、実質的にはヤミ金の営業を行っていた東京の2事業者が大阪府警に貸金業法違反の疑いで摘発されました。

債権買い取り装い高利貸し 大阪府警、東京の2業者8人を逮捕
産経WESTより引用

「ファクタリング」と呼ばれる売掛債権の買い取り契約を装い、ヤミ金を営んだとして、大阪府警生活経済課は25日、貸金業法違反(無登録営業)の疑いで、東京都中野区の2業者を摘発し、元経営者の三浦和仁容疑者(36)=同区弥生町=ら男8人を逮捕した。府警によると、ファクタリングを装ったヤミ金業者の摘発は全国初。府警は2業者がファクタリングを装いながら、実態は売掛債権を担保に高金利で金を貸し付けていたとみて、出資法違反(超高金利)容疑でも捜査する。

摘発されたのは「東洋商事」と「MINORI」。府警は、2業者が平成27年秋から28年11月にかけ、資金繰りが悪化した中小企業を中心に全国約250社に総額3億円以上を貸し付け、1億円以上の利益を得ていたとみて調べる。

逮捕容疑は28年5~9月、堺市と三重県鈴鹿市の会社経営者2人に40~50万円を貸し付け、無登録で貸金業を営んだとしている。三浦容疑者らは「ファクタリングとしての売掛債権の売買であり、貸金業の登録の必要はない」などと容疑を否認しているという。

ファクタリングは中小企業などが保有する売掛債権を買い取り、額面の5~20%を手数料として差し引いて現金を支払うサービス。債権を期日前に現金化できるメリットがある。

違法性の判明恐れ

「分割返済を交渉してほしい」

1月中旬、多重債務者の支援団体「大阪クレジット・サラ金被害者の会」(大阪いちょうの会)でヤミ金対策委員長を務める前田勝範司法書士のもとに、札幌市の食品販売会社から相談が寄せられた。同社は資金繰りが悪化し、昨年12月、「ファクタリング」をうたった業者からの電話勧誘に応じてしまっていた。

正規の業者なら企業の債権を買い取って代金を回収するが、この業者は取引先への未収金(売掛債権)100万円を担保に30万円を同社に貸し付けた。同社は利息を含め40万円を返済したが、追加で借りた約77万円のうち約53万円が返せず、返済を迫られていた。

融資とすれば法定金利の10倍以上で、明らかに違法な高金利のため、前田司法書士は「無登録の貸金業に当たり、出資法に違反する高金利だ」と判断。取引を中止し、支払い分の返還を求める文書を業者に送ると、素直に従ったという。

業者側とは電話やファクスでやりとりしたが、所在地などは不明のままだ。「ファクタリングを隠れみのにしたヤミ金の“確信犯”。争えば違法性が明らかにされると考え、素直に応じたのだろう」。前田司法書士はこう推測する。

何度も貸し付け

金融関係者によると、ファクタリングはもともと、中小企業の資金繰り支援策としてリース会社などが手がけてきた。企業側にとっては債権を取引先からの支払日より早く現金化できるなどのメリットがある。

ただ、ファクタリングは融資でなく、取引手数料にも明確な規制がない。このため、法規制が厳しくなったヤミ金業者がファクタリング業者に衣替えし、手数料名目で高い金利を取るケースが増えているという。

正規のファクタリング契約では、債権譲渡を取引先に知らせる「債権譲渡通知書」も作成するが、悪徳業者はこの通知書も悪用するようだ。「返済できなければ取引先に通知書を送る」と企業側に圧力をかけ、何度も貸し付けるという。

捜査関係者は「資金繰りが苦しい企業は、途中でヤミ金だと気づいても、すぐに資金が必要なため業者から借りてしまう」と話す。

手口も使い回し

府警が今年1月に摘発した2業者の中には、ヤミ金で逮捕歴のある人物も含まれていた。2業者は全国約250社に総額3億円以上を貸し付け、1億円以上の利益を得ていたという。

府警幹部は「金が用意できなければ利息分だけを払わせ、元金返済を先延ばしにする『ジャンプ』と呼ばれる手口を使うなど、ヤミ金そのもの」と指摘する。

府警は全国で同様の被害が相次いでいるとみているが、新たな手口だけに詳細はつかめていないという。今後も摘発を通じて実態解明を進める方針だ。

ファクタリング業者を装った闇金業者に引っかからないために

ファクタリングに担保が必要

言うまでもなくファクタリングは融資ではなく、売掛債権の売却です。ファクタリングに担保を求めてくる事業者は、売掛債権を担保にしたヤミ金を行おうとしている可能性が高いです。

ファクタリングに保証人が必要

ファクタリングは売掛債権の売買なので一切保証人は必要ありません。保証人を求める場合は、ファクタリングと言いつつ売掛債権を担保にした高利貸しを行おうとしている可能性が高いので注意してください。

ファクタリングの手数料を現金で要求

法律により暴力団やそれに関連する組織が銀行口座を持つ事はできませんので現金での支払いを促された場合は、暴力団の資金源となっている組織なので法人の口座が作れない、だから現金で手数料を要求していると考えられます。

まとめ

担保や保証人を要求される場合は、ファクタリングサービスではなく高利貸しだと考えられるのでこの様な業者には注意した方が良いでしょう。
また、契約書の中身をよく確認した上で判子を押すようにしてください。悪質な業者の場合、ファクタリング契約だと説明しつつ、契約書の中身をよく見ると高利での金銭貸借契約の契約書を用意している可能性があるからです。

ジャパンマネジメント

九州の中小企業の味方

福岡県を本社に置くファクタリング会社です。全国どこでも出張買取対応可能で、低手数料と企業へのコンサルティングに定評があります。
ファクタリングなら福岡県のジャパンマネジメントがおすすめです。

ビートレーディング

売掛金買取のスペシャリスト

東京都を本社に福岡支店、大阪支店と拠点を持つファクタリング会社で、全国どこでも出張買取可能です。

ジャパンファクター

福岡を拠点に全国対応

九州では最も早く誕生したファクタリング会社で2社間ファクタリングをメインとした実績が多数あります。介護や医療系のファクタリングも利用可能

トップ・マネジメント

安心・確実・即日のファクタリング

利用者にとってより良いファクタリングのやり方、的確な解決策の提案力、マネジメント能力が強みであり、その高い質のサービスには定評があります。
九州|福岡にも利用者が多いファクタリング会社です。

トラストゲートウェイ

九州エリア特化のサポーター企業

費用面、対応力に優れる新興のファクタリング会社です。福岡県・九州エリアの資金繰りに悩む企業を対象に地元密着型のファクタリングサービスを展開してます。