ファクタリングを契約する時に気を付けること

ファクタリングは中小企業などの事業者が保有する受取手形や売掛金等を、他の業者に売却する事になりますが、この売掛債権売買契約(ファクタリング)する時に絶対に気を付けなければならない点がいくつかあります。

ファクタリングの際に絶対に気を付けるべきポイント

ファクタリングはさまざまなメリットもありますが気を付けないと起きてしまうトラブルも多々ありますので、それを知っておく必要があるでしょう。
それでは具体的にご説明します。

ファクタリングを契約する際のポイント~手数料が重要!

まずファクタリングを契約する時に真っ先に考えていただきたいのは手数料となります。

資金調達のために利用する事が多いのですが額面そのまま受け取る事ができると考えてしまいがちですが、手数料が意外と高いので注意が必要です。
一般的には手数料が10%から25%の業者が多いですけど30%以上請求される業者もありますので事前に調べておく必要があります。

ファクタリングの契約には3社間契約と2社間契約の2種類のファクタリング方式があり、2社間契約の場合、売掛金や受取手形等が回収できないリスクがファクタリング会社にあります。

そういった場合はファクタリング会社のリスクを考慮し、手数料が割高となるケースが多いのですが、一部の業者ではかなり手数料が安く設定されている場合があります。

手数料が安いからお得と一見勘違いしてしまいます。
しかし、リスクが高いのに手数料が安いという事は他の部分で利益を上げる必要がありますので別途料金が発生する可能性がありますから事前の説明をしっかり聞く事が大事です。

手数料が曖昧な業者との契約は止めましょう

ファクタリングを契約する時に資料を提示されて検討すると思いますが、業者の中には手数料をはっきりとせず、あやふやのまま契約まで進めていくケースがあります。

一般的には事前に手数料を教えてくれて、どれくらいの利益になるかを提示してくれる訳ですが曖昧なまま話を進める業者が存在します。
そのような業者の場合は後で高額な手数料を請求されるケースがありますので取引を中止した方が良いでしょう。

また同じようなものとして口頭で手数料を提示する業者がいますが契約書や見積書でしっかりとした数字で見せてもらうようにしましょう。
書面と口頭では数字が違っていたといった事は度々ありますからハッキリとした書面での契約が重要となってきます。

手数料が高く請求されるケースでは内訳を見る必要があります。
一般的な手数料は同じくらいであっても司法書士への報酬や印紙代といったものが相場より高くなっている場合があります。

この数字なら妥当だろうと契約したとしても手数料とは違った部分で高額にされてしまっているケースもみられますので書面で細部まで確認したり、相場を確認したり、合計の入金金額の内訳を聞いたりする必要があります。

トラブルなるケースが多いのがファクタリングの契約内容が分からないまま話が進んでしまう事です。

まとめ

業者の中には話の細部や細かい内訳を書面に残さないようにしているところがありまして、しっかりとした書面を作成してもらい納得がいくように契約しないといけません。
後でしっかりとした証拠にもなりますし、それに基づいて支払いがされますから書面を作成してもらい渡してもらうようにすればトラブルを少なくする事ができるでしょう。

ジャパンマネジメント

九州の中小企業の味方

福岡県を本社に置くファクタリング会社です。全国どこでも出張買取対応可能で、低手数料と企業へのコンサルティングに定評があります。
ファクタリングなら福岡県のジャパンマネジメントがおすすめです。

ビートレーディング

売掛金買取のスペシャリスト

東京都を本社に福岡支店、大阪支店と拠点を持つファクタリング会社で、全国どこでも出張買取可能です。

ジャパンファクター

福岡を拠点に全国対応

九州では最も早く誕生したファクタリング会社で2社間ファクタリングをメインとした実績が多数あります。介護や医療系のファクタリングも利用可能

トップ・マネジメント

安心・確実・即日のファクタリング

利用者にとってより良いファクタリングのやり方、的確な解決策の提案力、マネジメント能力が強みであり、その高い質のサービスには定評があります。
九州|福岡にも利用者が多いファクタリング会社です。

トラストゲートウェイ

九州エリア特化のサポーター企業

費用面、対応力に優れる新興のファクタリング会社です。福岡県・九州エリアの資金繰りに悩む企業を対象に地元密着型のファクタリングサービスを展開してます。