ファクタリングの費用ってどのくらい必要なの?

ファクタリングは、「債権を売却」することを目的としているため、キャッシングよりも手数料が高いのが特徴です。

ファクタリングの費用の目安や高い理由が気になる!

ファクタリングに必要な費用を考える場合、1つは業者に支払う手数料が挙げられます。これは売掛金を買い取ってもらうにあたって必要となる債権の譲渡を行うための手数料が含まれる場合もあります。

ファクタリングに必要な費用について

ちゃんと手続きをする場合には登記が必要になりますので、数万円の費用を考えておかなければなりません。そしてもう一つファクタリングに必要な費用として考えられるのが売掛金を売掛債権として譲渡する際に発生する目減り分です。

ファクタリングと言うサービスにおいては売掛金をすぐに現金化することができる点がメリットとして考えられていますが、売掛金の金額そのままに現金化してもらうことができると考えるのは間違いです。

譲渡する側にとっては譲渡した時点で決済が完了しますが、ファクタリングを行い債権の譲渡を受ける側にとっては正式に支払いを受けるまでは確定しない金融資産となるのです。ここにはリスクが存在するため、そのリスク分だけ評価を下げて買い取るのが一般的な判断となっています。

費用の目安について

ファクタリングの目減り分は業者が独自に決めることができるため、実際に依頼をしてみないと分からないと言う特徴がありますが、概ね75%から95%程度の評価になるのが多いといわれています。やや幅のある判断になりますが、これはリスクの程度に応じた対応であると考えることができます。

ファクタリングを行っている業者も今は非常に多くの数がありますので、まず最初に行うべきはどの業者を使うのかということです。

業者の数が多いと言う事はそこに競争が発生していると言う事でもあり、売掛債権の買取金額については複数の業者で比較して決めるようにするのが

推奨されます。これらのロスが実質的にファクタリングを利用する際の費用として考えることができる部分となりますので、サービスを利用をする前に

しっかりと比較検討しておくことが大切です。

まとめ

言われる側と言うものがあってないような状態であるため、積極的に比較していることをアピールすることが大切となります。

ジャパンマネジメント

九州の中小企業の味方

福岡県を本社に置くファクタリング会社です。全国どこでも出張買取対応可能で、低手数料と企業へのコンサルティングに定評があります。
ファクタリングなら福岡県のジャパンマネジメントがおすすめです。

ビートレーディング

売掛金買取のスペシャリスト

東京都を本社に福岡支店、大阪支店と拠点を持つファクタリング会社で、全国どこでも出張買取可能です。

ジャパンファクター

福岡を拠点に全国対応

九州では最も早く誕生したファクタリング会社で2社間ファクタリングをメインとした実績が多数あります。介護や医療系のファクタリングも利用可能

トップ・マネジメント

安心・確実・即日のファクタリング

利用者にとってより良いファクタリングのやり方、的確な解決策の提案力、マネジメント能力が強みであり、その高い質のサービスには定評があります。
九州|福岡にも利用者が多いファクタリング会社です。

トラストゲートウェイ

九州エリア特化のサポーター企業

費用面、対応力に優れる新興のファクタリング会社です。福岡県・九州エリアの資金繰りに悩む企業を対象に地元密着型のファクタリングサービスを展開してます。