ファクタリングに向いてる事例と向かない事例

ファクタリングは、売掛債権を資金化する方法として注目を浴びています。しかし、ファクタリングは様々な要素があるので、ファクタリングに向いている場合とそうでない場合があります。

ファクタリングの向き不向き

ファクタリングに向いている場合

時期的な変動によるキャッシュの必要性

ファクタリングの長所は、売掛債権をいち早く資金化できるということです。要するに、普段は大きいキャッシュを必要としないが時期的、スポットにキャッシュが足りないバ場合。そのような事例として挙げられるのは時期によって、急な注文に対する原料や仕入れなど大きなキャッシュの必要性に変動するアパレル業や製造業などに最適です。

先行投資費用

競合他社が何かしらのトラブルがあって、自社に契約が流れてきたが、設備や人手の関係で資金の関係で対応が難しい。だが、このチャンスが生かせればビジネスを大きく広げることができる、そんな場合でもファクタリングは有用です。銀行融資は、過去から現在までの状況を重視し、未来予想を軽んじる傾向にあるため、ビジネスチャンスを逃してしまう危険性もあり得ます。ファクタリングならば、1~3日程度での資金化も可能です。素早い対応はその後の信頼関係の構築にも役に立つはずです。

確実な入金が見込める場合

これはIT企業などが例示できますが、予想外のトラブルに巻き込まれ納期が遅れてしまい、支払いが滞ってしまったなどの状況です。IT企業は投資費用があまり大きくないため、将来展望が読みやすい業界の一つといえるでしょう。IT企業は投資費用があまり大きくないためでは、ファクタリングによる手数料よりも、目の前のキャッシュフローをスムーズにしたほうがいいもの。しかもしかも仕事のとっかかりから納期までの期限が長く、入金サイドも遅いためキャッシュが不足しがちである、こうした状況では貸借対照表がスリム化できるため、その後の銀行融資も受けられる場合が大きいです。スケジュールを整えておけば確実に状況は改善されるでしょう。

 

ファクタリングに向いてる業種

 

介護業界(介護報酬ファクタリング)

介護業者は国保連に対して請求した後、通常入金まで2か月程かかる介護保険給付金を、早期資金化することが出来るようになります。

 

 

医療業界(診療報酬ファクタリング)

病院などの医療機関は、社会保険診療報酬支払基金(社保)や国民健康保険団体連合会(国保連)から受け取る診療報酬をファクタリングすることにより、60日ほどかかる入金サイトを早めることが出来ます。

 

 

建設業界(建設業ファクタリング)

建設業はひとつの案件の金額が大きく、天候などに左右され、資金繰りが悪化してしまうケースがあります。

また建設業は材料などは自社で仕入、工事完了後、代金を受け取るケースが多いです。

そのため、工事が大きければ大きいほど、先払いしなければならない、材料代や人件費なども高額になります。

当然、大きなプロジェクトほど資金が必要になるため、銀行に融資を申し込むのですが融資実行まで1か月以上かかることもあり、銀行融資までのつなぎ資金としてファクタリングは非常に便利です。

 

 

 

IT業界(ITファクタリング)

IT業界も建設業と同じで、大口案件が多く、開発期間なども長く、手元に現金化するまで時間を要します。

人件費の占める比重が大きく、人件費の立替は大きな負担となります。

不具合などにより、納期に遅れることも多々あり、キャッシュフローを圧迫しかねません。

案件ごとの売り上げが大きいため、受注を増やしていけば、急激な成長が見込める業界です。

ファクタリングで資金調達することにより、成長を後押しすることができます。

 

 

アパレル業界(アパレルファクタリング)

アパレル業界は、仕入れから販売まで時間がかかり、在庫も抱える必要があるため、一時的に資金繰りが悪くなることがよくあります。売掛金の入金サイクルも40日から60日など、長く設定されてることが多いです。

季節の移り変わりや、セール時は、かきいれどきの為、通常時よりも資金需要が高まります。

ファクタリングで足りない資金を調達することが出来ます。

 

 

 

ファクタリングに向いていない場合

売り上げ減少による人件費不足

ファクタリングは言うならば売掛債権の先食い行為でもあります。そのため、全体的な売り上げ減少に対する措置として活用するのは非常に危険です。特に2社間ファクタリングの場合は20%ほどの手数料がかかってくるため、売り上げ減少に拍車がかかっていくことになるでしょう。ファクタリング会社としては当然継続利用による手数料は非常においしいビジネスではありますが、ファクタリングを利用する企業としては継続的に利用していくことはあまり好ましくないといえます。特に人件費などの固定費をファクタリングで埋め合わせるのは、将来展望がしっかりと描けていない場合は非常に危険です。

将来展望が読み切れない時期

これは、どの業界にも言えることでしょう。例えば、建設業は東京オリンピックの関係で2020年まで非常に好調であるといえるかもしれませんが、一方でそれ以降の状況については読み切れないといったところではないでしょうか。また、株価の変動なども激しい現在において、本当に売掛金を目減りさせてでも現金が必要なのか冷静に考えてみるべきです。それは、どの業界でも同じことです。

まとめ

ファクタリングを行うことで、経営方針に様々な選択肢が広がる可能性は十分にあります。

但し、ファクタリングは即、資金調達が出来る反面、手数料は割高になります。あなたの会社の事業性、利益率などを考慮してご利用下さい。

折角の会社の利益を、手数料で全部吐き出すことになったら本末転倒です。

ファクタリングは、一時的な資金繰りの改善に利用すべきであり、あまり継続してご利用されるのはおススメしません。

資金繰り計画表を作成して、売り上げ拡大や資金ショートを防ぐ為の一時的な資金調達手段として、自社の外部環境や経営状態を

鑑みて、計画的にご利用下さい。

 

ジャパンマネジメント

九州の中小企業の味方

福岡県を本社に置くファクタリング会社です。全国どこでも出張買取対応可能で、低手数料と企業へのコンサルティングに定評があります。
ファクタリングなら福岡県のジャパンマネジメントがおすすめです。

ビートレーディング

売掛金買取のスペシャリスト

東京都を本社に福岡支店、大阪支店と拠点を持つファクタリング会社で、全国どこでも出張買取可能です。

ジャパンファクター

福岡を拠点に全国対応

九州では最も早く誕生したファクタリング会社で2社間ファクタリングをメインとした実績が多数あります。介護や医療系のファクタリングも利用可能

トップ・マネジメント

安心・確実・即日のファクタリング

利用者にとってより良いファクタリングのやり方、的確な解決策の提案力、マネジメント能力が強みであり、その高い質のサービスには定評があります。
九州|福岡にも利用者が多いファクタリング会社です。

トラストゲートウェイ

九州エリア特化のサポーター企業

費用面、対応力に優れる新興のファクタリング会社です。福岡県・九州エリアの資金繰りに悩む企業を対象に地元密着型のファクタリングサービスを展開してます。